« 雪がそこまで・・・ | トップページ | 斐太の里、紅葉 »

2012年11月 7日 (水)

北国街道~新井宿を歩く~

昨日こぶしの会の歴史教室が行われ

去年の北国街道400年の盛り上がりもあったので、近くにあってもなかなか行くことが無い、地元「新井(荒井)宿」を歩こうと企画しました

新井宿は北国街道(軽井沢の追分~越後高田に至る街道)終点は出雲崎とも、金沢とも言われているようですが、その難所に配置された8つの宿場の一つです

集合は陣場霊園駐車場です

陣場・・・御館の乱の時、景虎の援軍として2万の兵を率いた武田勝頼が陣を張ったことから「陣場」と言われているようです

景色が良いですね、残念ながら鮫ヶ尾城址は見えませんが春日山の方向は見えるようです

Pb060493

中世から近世の五輪塔や石碑が集められています

Pb060497_3

そこからまず車で、上越中郷区、藤沢一里塚と小出雲坂へ

雨風が強くてとても寒かったです

Pb060506
小出雲坂・・・板橋新田と小出雲の間にある急な坂道、「越後見納め小出雲坂よ ほろと泣いたをなじょ忘られよ」と唄われた当時の松並木の名所

Pb060519_6

立場茶屋跡・・・小出雲坂を上がりきった街道東側にあった「柏餅屋」と言う屋号の茶屋跡、今も餅を搗いたであろう石臼が転がっています





Pb060510_15

Pb060511_6

小出雲坂を見た後、 加茂神社~照光寺~飯山道道標~上町延命地蔵尊

上町延命地蔵尊・・・江戸時代ここにあった溜池からから見つかった小さな石像を祀る

Pb060540_3

Pb060536_6
極生寺~地蔵院

地蔵院・・・新井の六斎市とともに、民話「笠地蔵」のモデルになったとも言われているようです

Pb060556

~陣屋跡~市神社~

昼食は中町にあります「りらく庵」さんに、お弁当をお願いしたところ、どうせならお店でどうぞと言われ、暖かいご飯とお汁付きで800円の昼食をみんなでいただきました

Pb060561

午後からは

高札場跡~森蘭斎生家跡~牢屋跡~新井別院(森蘭斎お墓)

Pb060567_4
森蘭斎・・・江戸時代の名絵師 新井宿中町生まれ

石塚八幡宮~石塚一里塚~康源寺

石塚一里塚
Pb060574

康源寺・・・鐘楼門は1578年に建てられたとの事

Pb060578_6
小雨のちらつく寒い日でしたが、日頃体験できない、近くの史跡を見ながらの散策会はとても有意義な一日でしたhappy01




|

« 雪がそこまで・・・ | トップページ | 斐太の里、紅葉 »

「妙高市」カテゴリの記事

「歴史 史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187232/47755000

この記事へのトラックバック一覧です: 北国街道~新井宿を歩く~:

« 雪がそこまで・・・ | トップページ | 斐太の里、紅葉 »