« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ササユリ咲き始めています

やっとササユリが咲き始めました

池に周りの陽の当たる場所に所々咲いています

Dsc02396
Dsc02399
古代住居の丘の奥の方も少し咲いています

Dsc02379

来週末から再来週あたりにはかなり咲いてくるとは思いますが・・・
今年は小振りで毛虫にやられているのもあり、きれいに咲いてくれるかチョッと心配です

Dsc02405
まだこの状態がほとんどです

今年はマイマイガの幼虫(別名ブランコケムシ)があちこちでおもてなし・・・

そんなおもてなし受けたくは無いですよねぇ~





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

カニの次はカメ

自然がいっぱいの斐太歴史の里

先日はモクズガニを載せましたが

今度は石亀

Dsc02361_2


明日希が見つけました

ねぇねぇあそぼ~

Dsc02359




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

ギフチョウの孵化

今年も斐太歴史の里でギフチョウの姿を見ることが出来ました

でも、ナカナカその姿を撮ることが出来ず、また飛んでいるその時期にUPすると色々問題も出てくるのでチョッと時期をずらしてのUPです

「くびきの虫撮り日記」のMさんからのいただきものです

Cid_ecd0e80947654c679fe43f8dd10ffb3


そして、湿地植物の沢近くのコシノカンアオイの裏に卵があるのを先日見つけ、毎回様子を見ていましたところ、今日孵化しているの確認しました

丁度食事時だったようです

Dsc02342_3

こちらは総合案内所横のエゴノキで見つけた「エゴツルクビオトシブミ」の幼虫の揺りかごです

今年は直ぐに見つけることが出来ました

Dsc02329

先日のササユリが結構開いて来ましたが、他のササユリのツボミはまだまだのようです

Dsc02337


ギンリョウソウ も今公園のあちこちで見ることが出来ますよ

Dsc02343





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

笹ユリまだかなぁ・・・

そろそろなんですが・・・

まだのようです

毎年一番に咲く場所のツボミが色づいて来ました

あと、一週間か10日か?それとも?

Dsc02301


先日竪穴住居の葺き替えが行なわれました

Dsc02302

中もすっきりとしましたよ

Dsc02303

古い萱を除いたらカブトムシの幼虫が沢山でてきたので、土の中に戻してあげたそうです、無事育ってくれれば良いですね

虫と言えば、こんなトンボを見ましたニホンカワトンボらしいです

Dsc02311
もう一つ生き物の話題

今朝我家の旦那が畑に行く途中 大きめののモクズガニ が道を歩いていたそうです

舗装されていない川に逃がしてあげました

食べると美味しいらしいのですが・・・チョッとね

Dsc02279



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

菜の花畑♪

今日もとっても良いお天気で

今が見頃の大洞原の菜の花畑を見に行って来ました

Dsc02189

青い空に妙高山をバックに一面の黄色い絨毯が広がっていました

黄色って何かとっても元気をもらえる色ですよね

Dsc02252
ところどころに通路も作られていて、
菜の花の中の散歩は気持ち良かったですよ

Dsc02221

皆さんも出かけて見て下さい、きっとパワーをもらえると思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

「斐太歴史の里の文化史」刊行

弥生時代・古墳時代・戦国時代 3つの時代の国指定の遺跡がある斐太歴史の里

そして古くから信仰されていた「斐太神社」

歴史の宝庫「斐太歴史の里」について判りやすくまとめられた文化史が妙高市より刊行されました

写真も多く掲載され読みやすい本です

ハードカバーで定価2000円(消費税込み)妙高市生涯学習課での販売になります

興味のある方 お勧めの一冊ですよ

Img004
お問い合わせは

 

妙高市生涯学習課(0255-74-0035)

※ 斐太歴史の里総合案内所
        
でも販売しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタクリから景虎くんへ

4月から販売を始めたお饅頭、パッケージを春バージョンから通年バージョンに変わりました~

斐太のカタクリ」から「斐太の景虎」へバトンタッチです
中身は同じなんですけどね
お馴染み景虎くんと華ちゃんの登場です

Photo_4
2_5胡麻餡と紫芋餡のお饅頭は販売当初から皆さんから美味しいとご好評をいただき、作っているお菓子屋さんに直接買いに行かれる方もいらっしゃるとの事

斐太歴史の里限定販売ですので総合案内所でしか買えませんよ~

公園にお出での際は是非ご賞味下さい

Dsc02149

ところで今日は青い空が広がる気持ちの良いお天気でした

公園入り口のエゴノキの真っ白な花が青い空に映えてとってもきれいでした

Dsc02137_2

明日希も気持ち良さそう

Dsc02133

斐太神社横から公園の池に出る道はあまり知られていない近道ですよ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

妙高山水鏡と公園の花達

田植えが終わって周りの田んぼに水が入り、期間限定の水鏡

ナカナカ条件がそろわないときれいに見えないんですよね

チョッと風が有って・・・

とりあえずのこんな感じでいかがでしょうか?

Dsc02090
さて、公園の花情報ですが、ササユリはまだまだツボミが硬いですね、咲き出すのは今月末くらいでしょうか・・・?

今、一押しはキンラン こちらは絶滅危惧種です
特殊な菌で育つので公園内でもこの場所以外ではナカナカ見ることができませんね

Dsc02097
ササバギンラン 

Dsc02116


ヤマボウシ

Dsc02106
ホウノキの花 高い所に咲いているのでナカナカ見る機会が無いんですよね

Dsc02128_2

かなり大きな花ですよ
Dsc02103

公園内で今一番咲いているのは黄色い花のニガナ・ハナニガナですね

Dsc02100
たまに、白花も見ることが出来ます

Dsc02104_2
ミヤマナルコユリも咲き始めています

Dsc02120_2

みんな可愛い公園の花達です、優しく見守って下さいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

田植えでした

跳ね馬の姿がチョッと広がって、右側に角隠しに着物を着た花嫁さん(見方によってはそう見える・・・かなっ?)が現れた妙高山をバックに今年も我家の田植えが始まりました~

Dsc02024


3軒共同なので、今日と明日の2日間の田植えです

Dsc_1881
今日は天気が良く、明日も天気になりそうなので作業も楽しくはかどりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

斐太の里にてガイド「現地研修会」

来年春北陸新幹線 上越妙高駅 開業に向け、市内ボランティアガイドの「現地研修会」が斐太歴史の里で行なわれました

今回はボランティアガイド団体の他、タクシー会社の方や一般の方を含み20名ほどでの研修会でした

午後からの開催だったのですが、お昼頃から雨が降り出し、管理棟での集合時間の時にはかなりの雨になってしまったのですが

日頃の行いの良い人が居たのでしょうね、管理棟で説明をしているうちに、とても良い天気になって来ました

とは言え雨上がりの山道は滑るんですよねぇ・・・

でも、雨で潤った新緑の林の中を歩くのは気持ちの良いものなんですよね

Dsc02033
Dsc02063_2

青い空も気持ちよくて日本海も良く見えました

Dsc02074
次回は7月末関山神社の予定です

ガイドの交流を深め妙高市の良い所を全国の皆さんにお届けしたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

花づくし

連休と連休の中の平日の2日は毎年近隣の高校の遠足が行なわれていますが

最高の遠足日和となった今日

斐太歴史の里にも新井高校・高田商業・関根学園の3校の遠足があり、味噌汁を作ったりお昼を食べたりと600人程の高校生で公園内はとても賑わっていました

明日からの連休も沢山の方に来ていただきたいので、チョッとお花情報を

カタクリや桜はほぼ終わってしまいましたが、色んな花たちが咲き始めていますよ

ウワミズザクラ(別名:あんにんご)

Dsc01929

胡桃の花(いつも見落としてしまうほどの地味な花ですが結構大きな花です)

Dsc01937_2

タニウツギ(火事花と呼ばれていて家に持ち帰っては、いけない花と言われています)

Dsc01939_2

ウゴツクバネウツギ(ウゴとは羽後地方のこと)

Dsc01955

ミヤマガマズミ

Dsc01956
アリアケスミレ

Photo
ヒメハギ(チョッと見 スミレのように見えます・・・)

Dsc01954
ユウシュンラン※ 色々な条件が重なって咲くことの出来る花です、大切に見守って下さい


Dsc02003


斐太歴史の里でお会いしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »