« 青い空、白い雲 | トップページ | 梅雨入り? »

2015年6月 7日 (日)

公園のナツツバキ

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ

平家物語の冒頭「祇園精舎の有名な出だしですが

ここにある沙羅双樹がナツツバキ何ですよね

このナツツバキが公園には何本かあります、日頃は目立たなくひっそりと立っているのですが花の時期になると木の下に白い花が落ちているのを見て、「そうそう、ここにもあったんだ~」と毎年再確認しています

咲いたと思うとすぐに散ってしまう悲しい花ですが夏の訪れを感じさせてくれる、白く清楚な花は毎年咲くのを楽しみにしている花の一つです

今日公園の古代住居の丘の奥で咲き始めていました

Dsc07142

もう少しすれば、管理棟横のナツツバキも咲き始めると思いますよ

そして、ササユリは公園と観音平は今週半ばくらいか?

Dsc_1302
天神堂は奥の方に行けばまばらですが、まだ見ることが出来そうですね

Dsc07162
つぼみもありましたよ

Dsc07153

トンボを見つけましたが、なかなか止まってくれなくてやっと撮ることが出来ました

Dsc07194
観音平から新幹線の駅を見下ろすと田んぼの緑が一段と鮮やかです

Dsc07174





|

« 青い空、白い雲 | トップページ | 梅雨入り? »

斐太・歴史の里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187232/60285469

この記事へのトラックバック一覧です: 公園のナツツバキ:

« 青い空、白い雲 | トップページ | 梅雨入り? »