« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月26日 (土)

今年もあと一週間

雪の無いままの年末なのか、それとも明日からの寒波で雪が積もるのか、さてさて今年もあと一週間、昨夜の雪で鮫ケ尾城址は白くなっていました

Dsc_8556

ここしばらく暖かい日が続いたので春の花(ヒメオドリコソウ)が咲いていました

Dsc_8557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

御館の乱から逃れた者たち

昨日の新潟日報に御館の乱の際、四ツ谷砦で殺されたとされている上杉憲政と景虎の嫡男道満丸が生きていたのでは、と言う景虎ファンには耳寄りな話題が載っていました

道満丸については県内津南町に隣接する信濃・志久見(現・栄村)の豪族市川新六郎(上杉憲政の親族)にかくまわれていたと言う「道満丸生存説」が昔からあるらしいですが

今回 津南町出身で兵庫県在住の男性が家に伝わる「祖先は道満丸」という説が調査のきっかけだったらしいですね

上杉憲政についてもその「道満丸生存説」をNHKで放送された「天地人」の中に取り上げられていた事から青森県在住の男性が南魚沼の郷土史家グループに連絡があったことがきっかけになったとの事

そして、今年斐太歴史の里総合案内所にも一つの話題が

10月だったと思いますが夕方閉館近くの事でした

山形から「自分のルーツを調べています」とかなり高齢な男性とその息子さんご夫婦が案内所を訪れました、

御館の乱で景勝側に寝返り裏切り者とされ、その後消息が判らないとされた堀江宗親の子孫だとの事、長野方面からの帰りで帰路を急いでいらっしゃったので詳しいお話を行くことができなかったのがとても残念です

御館の乱で越後を追われた人々今後の展開が楽しみです

ところで、12月半ばを過ぎ、斐太歴史の里にも冬の到来です

昨日例年よりかなり遅めの初雪が降りました
でも、昨年の雪と違ってすぐにとけそうな感じです
この雪が融けたら年内にもう一度鮫ケ尾城址まで出かけようと思います

Dsc08167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

雪が降る前に

明日から天気が崩れ、17日頃には雪の予報が出ているので

管理棟のお仲間を誘って見晴らしの良くなった鮫ヶ尾にまたまた行って来ました

先日よりも更にスッキリして山城の特徴がはっきりとわかるようになりました

切ったのは生い茂っていた雑木で本丸の桜の木はそのままですので安心して下さいね

今日は東登城道の雑木の伐採をしていました

Dsc08140

大堀切もよく見えて(落葉しているのもありますが)オオイワカガミの葉が群生していました春が楽しみです

Dsc08144

南登城道綺麗になって、虎口もはっきりわかります

Dsc_8475

本丸から二の丸・三の丸・井戸の標柱もかすかに見えます

Dsc_8510

東登城道から本丸を望む

Dsc08147

Dsc08158 

来春の鮫ヶ尾は来て良かったと思う観光スポットになると思います

皆さん期待して下さいね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

スッキリと

今日は12月とは思えないほどの暖かい陽気でこんな日に行きたくなるのは

鮫ケ尾城址で雪が降る前に行きたいと思っていたので行って来ましたよ~

2

東登城道はすっかり木の葉が落ちて来年のカタクリの良い栄養になりそうですね

Dsc_0043

今、鮫ケ尾本丸跡周辺では雑木の刈り払いが行われていて、まだ途中ですが見晴らしがかなり良くなって来ています

春日山方面

Dsc_0049

箕冠城跡方面

Dsc_0061

鳥坂城址方面

Dsc_0070

本丸へ行く手前の切岸がこんなにすっきりと

Dsc_0074

北登城道も周りの枝が刈り払われて、道が広くなった感じです

Dsc08069

公園、管理棟が閉まっていると、やっぱり寂しいですね

Dsc_0077

来シーズンはより沢山の方に斐太歴史の里を楽しんでもらいたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

斐太北小学校感謝給食

毎年この時期に斐太北小学校で行われる「感謝給食」の今年もお呼ばれして来ました

Dsc08048

各学年の一年間の学習成果の発表した後

Dsc08004


Dsc08035

2年生の作った野菜と5年生の作ったお米で今回はカレーライスを料理していただきました

Dsc08042

子供向けの甘いカレーは美味しかったですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »