« 今日は妙高時代まつり山城の陣 | トップページ | 鮫ヶ尾ナイトツアーと景虎ミニツアー »

2018年8月 7日 (火)

復活「炎の蜃気楼」紀行

久しぶりの更新です
6月26日にガイドとして「炎の蜃気楼」作者の桑原水菜先生と鮫ヶ尾城址等ミニミニ景虎ツアーをしたことを、こちらに載せたと思っていましたが載せていなかった事に今日気が付いて
遅ればせながら載せたいと思います
桑原先生はとってもフレンドリーな方でした
ミニミニ景虎ツアーは上越方面へ
鮫ヶ尾城跡~摩尼王寺~とん汁のたちばな(笑)~大和神社(今泉城跡)~御館公園
鮫ヶ尾城址で
Dsc_3628
景虎の胴体が眠っていると言い伝えのある摩尼王寺にて

1
ミラージュファンお勧めの「とん汁のたちばな」
3
景虎が鮫ヶ尾城に向かう途中で立ち寄ったと言われている今泉城のあった「大和神社」
Dsc_3652
そして御館公園
Dsc_3659
今回のミラージュゆかりの地訪問は
集英社の取材でもあり 
webマガジンコバルトにこのように書いてあります
28年にわたって読者を魅了し続けた「炎の蜃気楼」シリーズは、8月の昭和編舞台公演をもっていよいよ真のピリオドとなります。公演に先立って、桑原先生がミラージュゆかりの地を再訪してきました。
そして連載が始まっています

|

« 今日は妙高時代まつり山城の陣 | トップページ | 鮫ヶ尾ナイトツアーと景虎ミニツアー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鮫ヶ尾城跡 景虎」カテゴリの記事

斐太・歴史の里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活「炎の蜃気楼」紀行:

« 今日は妙高時代まつり山城の陣 | トップページ | 鮫ヶ尾ナイトツアーと景虎ミニツアー »